• TEL: 026-227-3688(佐藤利一)、026-466-6259(白木聡史)
  • 長野市若里で不動産の相続登記、遺言書作成をご検討なら

 遺産分割協議をする際に、「私は何もいらないから、あなた達のいいようにやって。」と、相続分を放棄するケースがあります。この場合、確かにプラスの財産を相続することはありませんが、完全に相続放棄ができている訳ではありませんので、注意が必要です。完全に相続放棄をするには、相続人が自己のために相続の開始があったことを知った時から3カ月以内に、家庭裁判所に相続放棄申述書を提出する必要があります。

家庭裁判所での相続放棄の手続を経ていない場合

 マイナスの財産(借金等)が後々になって発覚した場合、債権者から法定相続分に従って債務の履行を求められることとなります。この際に、「私はプラスの財産を受け取っていないのだから、他の兄弟に請求してください。」という反論はできないこととなっております。では、以上のケースで仮に相続発生から3ヵ月以上経っていた場合に、家庭裁判所で相続放棄の手続きを取ることができるかについてですが、想定外の借金であった場合には相続放棄が認められる可能性があります。ただし、それまでにプラスの財産を一切受け取っていないという条件が付きますので、この点に注意が必要です。

 家庭裁判所での手続きを経ない限り、完全な「相続放棄」はできませんので、相続すべきか迷うケースでは、早めに専門家にご相談ください。