• TEL: 026-227-3688(佐藤利一)、026-466-6259(白木聡史)
  • 長野市若里で不動産の相続登記、遺言書作成をご検討なら

 相続が発生して、自筆証書遺言(手書きによる遺言)が見つかった場合、すぐに開封してはいけません。家庭裁判所に対して遺言書検認の申立てを行う必要があります。

申立てから期日当日

 遺言書検認の申立ては、遺言書検認申立書および戸籍謄本などの必要書類を、家庭裁判所へ提出することにより行います。検認期日では相続人立会いのもと、遺言書を開封します。検認手続が済めば、検認済証明書が付いた遺言書を交付してもらえます。
 検認を受けることを怠れば過料による制裁の対象となりますが、検認を受ければ必ず有効な遺言書となるわけではありません。有効か無効か不明な場合は、専門家にご相談ください。

不動産の相続登記

 自筆証書遺言による相続登記を行う場合は必ず検認が必要となりますので、ご不明な点がございましたら、当事務所までお気軽にご相談ください。