• TEL: 026-227-3688(佐藤利一)、026-466-6259(白木聡史)
  • 長野市若里で不動産の相続登記、遺言書作成をご検討なら

 遺言書をご存知の方は多いと思いますが、遺言書通りの遺産分割を実現するため、遺言執行者という者を選んでおくことがございます。遺言執行者は遺言の内容に沿って、不動産の名義変更や預貯金の解約を行う権限を持っております。

指定方法

 遺言者が遺言執行者を指定する場合は、必ず遺言によらなければなりません。誰を遺言執行者にするかについてですが、遺言者は自由に誰でも指定することができます。家族(相続人)や受遺者を指定することが多いですが、相続人間で争いが予想される場合などは、専門家を指定するのがよいと考えられます。

遺言執行者を指定しておくべき場合

 相続人や受遺者が多くいたり、紛争が予想される場合は指定しておくメリットがあると言えます。特に遺産に預貯金や有価証券がある場合には、遺言執行者がいなければ、相続人全員の同意が無いと預金等の払戻しに応じてもらえない場合がありますので、適切・迅速な遺言執行のために指定しておくのがよいでしょう。

 当事務所では遺言書作成のサポートを行っております。遺言執行者に誰を選ぶべきかなど、各ご家庭の事情に合わせてアドバイスさせていただきますので、是非お気軽にお問合せください。