• TEL: 026-227-3688(佐藤利一)、026-466-6259(白木聡史)
  • 長野市若里で不動産の相続登記、遺言書作成をご検討なら

 生活保護の申請は、各市町村の福祉事務所(市役所や支所等)で、書面で行います。緊急の場合は書面によらずともよく、適宜の用紙に記載することで問題ありません。申請を受理する、受理しないという権限は福祉事務所にはありませんので、申請が出されれば必ず受理しなければなりません
 福祉事務所は、申請を受理した場合には、原則として、①14日以内に開始または不開始決定し、②書面で、③理由を付して、④通知しなければなりません。特別な理由があるときには、通知する期間は申請から30日以内となりますが、通知の書面にその特別な理由を記載しなくてはなりません。期間については「以内」とされますので、30日以内に通知がないときには、申請が却下されたものとみなすことができ、不服申立ての手続に移ることができます。
 生活保護が開始するかどうかは事案によると考えられますが、申請の受理自体は、法律上必ずしてもらえるものとなっております。必要性があるにも関わらず受理をしてもらえなかったという方は、再度申請することをお勧めいたします。