• TEL: 026-227-3688(佐藤利一)、026-466-6259(白木聡史)
  • 長野市若里で不動産の相続登記、遺言書作成をご検討なら

 遺言を一度書いた後、事情が変わって内容を一部変更したくなるケースがあります。そのような時は、もう一度遺言を書くことで内容を変えられますので、ご安心ください。

民法1022条 遺言者は、いつでも、遺言の方式に従って、その遺言の全部又は一部を撤回することができる

民法1023条 前の遺言が後の遺言と抵触するときは、その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなす
2 前項の規定は、遺言が遺言後の生前処分その他の法律行為と抵触する場合について準用する。

民法1024条 遺言者が故意に遺言書を破棄したときは、その破棄した部分については、遺言を撤回したものとみなす。遺言者が故意に遺贈の目的物を破棄したときも、同様とする。

 撤回したい遺言書を破棄しても良いですし(公正証書遺言や法務局に保管した自筆証書遺言の破棄の仕方等は専門家にご確認ください)、新しい遺言書に変更後の内容を書けば、古い遺言書がそのまま残っていたとしても、抵触する部分は撤回されたものとみなされます。そのため、複数の遺言書が発見された場合は、日付が重要となってきます。また、遺言書が誰かに勝手に破棄されてしまったり、書き換えられてしまわないようにするには、公正証書遺言を書いて原本を公証役場に保管してもらったり、自筆証書遺言を法務局に保管してもらう等の工夫が必要となってきます。
 遺言は自分にもしものことが起こった時に備えて書いておくものですが、もしものときというのは、いつ来るかわからないものでもあります。あまりにも早く書いてしまうと、後で書きたい内容が変わるかもしれないとご心配な方は、その時々に合わせて遺言の内容を変えていくこともできますので、ご安心していただければと存じます。遺言書に関するご相談は、当事務所にお気軽にお問合せください。