• TEL: 026-227-3688(佐藤利一)、026-466-6259(白木聡史)
  • 長野市若里で不動産の相続登記、遺言書作成をご検討なら

 日本ではまだまだ遺言が普及しているとは言えません。「なんとなく、亡くなった後のことを考えるのは縁起が悪い」というお気持ちもよくわかりますが、残しておいたほうが良いケースは確実にあります。

・お子様がいらっしゃらないケース
 奥様に全財産を相続させるには、遺言が必要です。

・再婚していて、前の配偶者との間にお子さんがいるケース
 家族との関係性にもよりますが、揉めることが予想される場合は、遺言を書いておいたほうが無難です。

・パートナーはいるものの、婚姻はしていないケース
 婚姻関係にないと相続権はありませんので、遺言が必要です。

 遺言が無くても、相続人全員で仲良く遺産分割協議ができれば、何も問題ありません。ですが、お金の話にもなりますので、話し合いにはある種の気まずさが生じます。ましてや、普段疎遠な方との間でお金の話をするのは、かなり骨の折れる作業となります。
今相続が発生したらどうなるのか?
一度専門家に相談してみるのもよいかもしれません。当事務所では初回相談を無料で承りますので、お気軽にご相談ください。