• TEL: 026-227-3688(佐藤利一)、026-466-6259(白木聡史)
  • 長野市若里で不動産の相続登記、遺言書作成をご検討なら

 今年に入って、河野大臣が行政手続きでの押印を減らす取り組みをされておりますが、その影響が司法書士業務にも影響し始めております。
 特に影響を感じるのが、商業登記です。今まではどの書類にも、代表取締役の個人実印や会社印を押していただいておりましたが、一部の書類について押印が不要となりました。出資金の払込証明書は、今までですと銀行口座に入金していただき、通帳のコピーをとり、払込証明書を表紙として通帳のコピーとホチキス止めをし、各ページ間を会社印で割印していただいておりましたが、現在は押印不要となっております。たいしたことではないようにも見えますが、今まではこのためだけに事務所に来ていただくことがありましたので、お客様の負担軽減にもつながっているように思います。
 もちろん、適当に書類を偽造するようなことは許されませんので、今まで通り(今まで以上に)真摯に対応していきたいとは思いますが、なんとなく認印を押印していたような手続きについて見直しがされるのは、良いことだと感じます。