• TEL: 026-227-3688(佐藤利一)、026-466-6259(白木聡史)
  • 長野市若里で不動産の相続登記、遺言書作成をご検討なら

 遺言書を作成する際に注意が必要なことはいくつかありますが、受遺者(財産を受け取る方)が、遺言者(財産をあげる方)より先に亡くなってしまうこともありますので、その点の配慮も必要です。
 受遺者が先に亡くなってしまうと、遺言はその部分については効力を失って、無効となってしまいます。例えば、「弟に遺贈する」と書いても、弟が先に亡くなってしまえば、その部分が無効となり、通常の法定相続分に従って相続が開始します。
 では、どのような対策があるかについてですが、予備的遺言という方法があります。「遺言者は、○を遺言者の弟○(昭和〇年〇月〇日生)に遺贈する。上記〇が遺言者より以前に死亡(同時に死亡した場合も含む。)したときは、遺言者は上記〇に遺贈するとした財産を、遺言者の甥〇(上記〇の長男、昭和〇年〇月〇日生)に遺贈する。」といった具合に、「遺言者の死亡以前に受遺者が死亡したこと」を条件とする予備的遺言をすることで、受遺者が先に亡くなった場合にも対応することができます。
 この点、財産を渡したい方がご自身と年齢の近い方である場合は、特に注意が必要です。現在はお互いに元気でも、ご自身が亡くなる頃には、財産を受け取る方もかなりの高齢になっていることが想定されるためです。
 せっかく作る遺言、無効なものとなってしまっては残念ですので、作成をご希望の方は当事務所にお気軽にご相談ください。